ニート脱出!アルバイトで仕事を早く覚えるコツ

今すぐニートから脱出しよう!

サイト管理者

サイト管理者

ニートでいることのリスク、ニートからの脱出方法、アルバイトの探し方などを紹介するサイトです。お問い合わせ>>runaway_overneet2016●yahoo.co.jp (●→@)

特集記事

  • 運動で体を鍛えよう

    ニートからの脱出したいなら日々の生活の中に運動を取り入れるのが効果的です。気分転換になり体力も養えます。

  • 政府にも求められる対応策

    ニートの増加と高齢化が進み、今や深刻な社会問題となっています。この現状を受け政府も対策に乗り出しました。

仕事を早く覚えるには

仕事を早く覚えるには

「覚えるコツを知らない」

まずは仕事を覚えられない人に見られる特徴を見ていきましょう。仕事を覚えるためのコツについては後ほど紹介します。
さて、何事にも当てはまることですが、何かを覚えるのにはコツというものがあるものです。当然仕事を覚えるのにもコツがあります。そのコツを知らない人はなかなか仕事を覚えられない傾向にあるようです。そういう人がただ必死に仕事に取り組んでいるだけでは仕事を覚えることに繋がっていきません。ただ目の前のことを作業的に行っているだけの状態と言えます。

「理解したつもりになっている」

仕事が覚えられない人に見られる特徴としてよくあるのは、仕事を理解できているつもりになっているというものです。上司や同僚から仕事を教わったりアドバイスを受けた時にきちんと理解できていないのにわかったフリをしてしまったり、わかってるつもりになっている人がその例です。わかったフリなどせず、わからないところがあればもう一度説明してもらいましょう。恥ずかしがる必要はありません。そのほうが自分のためになるのです。
中には仕事を教わった時にわかってないと自覚しながらも聞き直すことを恐れてしまう人もいるかと思います。恥ずかしいという気持ちからなかなか聞き直すのをためらってしまうのもわかります。しかし一番重要なことは理解することです。なぜならそれが仕事を覚えるために重要だからです。

「自分から教えを請う」

アルバイトなどの仕事を始めたての頃というのは、誰でもわからないことだらけで戸惑うものです。経験者でもない限りみんなわからないのは同じです。最初に任されるのは仕事全体のごく一部分であって、それだけをやっても全体像はわかりません。仕事全体の流れなどがわかるまでは日数がかかるものです。仕事全体を覚えるためには、まずは自分に任された仕事をしっかり覚えることが必要です。ひとつひとつの小さな仕事を覚えた結果、仕事全体が見えるようになるのです。ですから与えられた仕事であれば小さなことであってもしっかり理解して覚えることが重要です。
覚えるためには自分から仕事を教えてもらうようにすることです。自分から能動的に動くことで他の人よりも覚えるスピードも上がります。人に教えを請うのは最初は恥ずかしく感じるかもしれませんが、恥ずかしがることなくわからないところがあれば遠慮なく聞き直したり質問したりするようにしましょう。

「期限を設定しよう」

仕事を覚えるのには日数がかかるものです。この仕事もいつかは覚えられるだろうという気持ちでいるとなかなか覚えられないものです。新しい仕事を任されたら、いつまでにこれを覚えるようにしようという目標を設定してみてください。期限を設定することが覚えようという気持ちにも繋がっていきます。

のんびりしているニートの方へ

リハビリにピッタリな理由とは
リハビリにピッタリな理由とは

ニート生活を送ってきた人は社会から離れていたわけですから、働いて社会に戻るのであればそのためのリハビリが必要です。おすすめのリハビリはアルバイトを始めることです。自分にできる仕事はあるのか不安に思う人も多いかと思いますが、アルバイトなら簡単な仕事も多くあるので大丈夫です。採用に関しても、初めから正社員を目指すよりはるかに容易でしょう。ニート期間があるという後ろめたい気持ちがある人も遠慮することなくアルバイトを始めてみてください。

規則正しい生活を
規則正しい生活を

ニート生活を続けていると生活リズムが乱れてきます。生活リズムが乱れたままだと精神も不安定になり働く意欲がなかなか湧いてこないばかりか、いざ仕事を始めた時に仕事に集中できなかったり体調が悪くなるといった悪影響も考えられます。これからしっかり働き社会人として復帰するためにはまず生活リズムを元通りに戻すことが重要です。正しい睡眠をしっかり取れれば一日の生活リズムは正常に戻ります。今回は生活リズム改善のために「睡眠」にスポットをあてて紹介していきます。

悲惨な末路を知ろう
悲惨な末路を知ろう

働いていないニートは収入もないためその多くは親のすねをかじる形で生活をしています。今は親がいるから資金源があるわけですが、今後その資金源が絶たれる事態が起きたらどうなるのでしょうか。今生活できているからいいとか、後のことは後になってから考えればいいと思っていると取り返しのつかないことになってしまいます。悲惨な末路を辿らないためには、ニートを続けていると具体的にどうなってしまうのかを今知っておくことが必要です。