社会問題となったニートからの脱出と政府の対応策

今すぐニートから脱出しよう!

サイト管理者

サイト管理者

ニートでいることのリスク、ニートからの脱出方法、アルバイトの探し方などを紹介するサイトです。お問い合わせ>>runaway_overneet2016●yahoo.co.jp (●→@)

特集記事

  • 運動で体を鍛えよう

    ニートからの脱出したいなら日々の生活の中に運動を取り入れるのが効果的です。気分転換になり体力も養えます。

  • 政府にも求められる対応策

    ニートの増加と高齢化が進み、今や深刻な社会問題となっています。この現状を受け政府も対策に乗り出しました。

政府にも求められる対応策

政府にも求められる対応策

そもそもニートとは

今や知らない人はいないくらい「ニート」という言葉は普及しました。ニートという言葉が使われるようになった2004年以前にもニートに該当する人たちはいました。それがニートという言葉でくくられてその呼び名が知れ渡ったことで、ニートに関連する様々な問題も広く認識されたと言えるでしょう。
ニートは社会問題です。そもそもニートとは「Not in Education, Employment or Training」の頭文字であるNEETから来ています。就学や就労をせず職業訓練も行っていない若者のことを言います。働ける状態にありながら働かず、社会と交わることなく生活しているわけです。社会と接しないことで人とのコミュニケーション能力は落ちていきますし、社会で経験を積むこともできません。国としても労働力になれるのに働かないとなると税収やその他の面でマイナスになりますから良いことではありません。将来生活の資金源が無くなった時にどうなってしまうのかを考えるとおそろしいものがあります。

ニート増加の要因

ニートに似ている状態に「引きこもり」があります。ニートと引きこもりは異なります。引きこもりの多くは、いじめや精神疾患などが原因になっているケースが多いのですが、ニートの場合は基本的には無気力が原因と言えるでしょう。働けるのに働かない、働く気力がないのがニートと言えます。引きこもりの場合、その要因には同情の余地があるケースが多いと言えるのではないでしょうか。
さて、ニートは働かなくても生活ができているわけです。これは親が生活を支えているか、または多額の貯蓄があるためです。言い換えれば「ある程度の生活の豊かさがあるのが原因」と言えるのではないでしょうか。もし豊かさが無ければ自分も働かなければいけない状況になるためニートになりにくいはずです。

政府による対応策

ニートが社会問題として広く認識されるようになったことで、政府も対策をとりはじめました。それが「再チャレンジ」と呼ばれるものです。再チャレンジは、社会(事業や起業など)で失敗した人でも再び挑戦できる社会を作ろうという考えで、政府が主唱したものです。これにより公務員にニートやフリーター採用枠が設けられたりしました。今後も再チャレンジに賛同する積極的な企業に対しては様々な優遇処置が取られることが検討されるなど、政府も様々な対策を取り始めています。

様々な問題への対応

ニートは定義上34歳までとなっていますが、実際には就学や就労せずに職業訓練も行っていない35歳以上の人たちは多く存在します。そしてニートを続けていく人は今後も増えると思われますので、ニートの高齢化は今後大きな問題となるでしょう。また、仕事に就かない若者が増えるとなると、社会から見れば労働力の質も量も低下することになります。対策として、ニートが就業しやすいような環境作りがますます求められるでしょう。

のんびりしているニートの方へ

リハビリにピッタリな理由とは
リハビリにピッタリな理由とは

ニート生活を送ってきた人は社会から離れていたわけですから、働いて社会に戻るのであればそのためのリハビリが必要です。おすすめのリハビリはアルバイトを始めることです。自分にできる仕事はあるのか不安に思う人も多いかと思いますが、アルバイトなら簡単な仕事も多くあるので大丈夫です。採用に関しても、初めから正社員を目指すよりはるかに容易でしょう。ニート期間があるという後ろめたい気持ちがある人も遠慮することなくアルバイトを始めてみてください。

規則正しい生活を
規則正しい生活を

ニート生活を続けていると生活リズムが乱れてきます。生活リズムが乱れたままだと精神も不安定になり働く意欲がなかなか湧いてこないばかりか、いざ仕事を始めた時に仕事に集中できなかったり体調が悪くなるといった悪影響も考えられます。これからしっかり働き社会人として復帰するためにはまず生活リズムを元通りに戻すことが重要です。正しい睡眠をしっかり取れれば一日の生活リズムは正常に戻ります。今回は生活リズム改善のために「睡眠」にスポットをあてて紹介していきます。

悲惨な末路を知ろう
悲惨な末路を知ろう

働いていないニートは収入もないためその多くは親のすねをかじる形で生活をしています。今は親がいるから資金源があるわけですが、今後その資金源が絶たれる事態が起きたらどうなるのでしょうか。今生活できているからいいとか、後のことは後になってから考えればいいと思っていると取り返しのつかないことになってしまいます。悲惨な末路を辿らないためには、ニートを続けていると具体的にどうなってしまうのかを今知っておくことが必要です。